販売管理業務に関するお役立ちコラムです。クラウドERPシリーズの販売管理ソフトを活用すれば充実の70以上の機能で、見積書・請求書の作成、売上・仕入・在庫管理、各種集計表の自動作成などに対応で販売管理業務を効率化。クラウドなので、複数拠点や複数担当者による同時利用も可能です。消費税などの法令改正にも自動対応。

クラウドERPシステム「スマイルワークス」 販売管理コラム

受注手続きの流れ

受注手続きの流れ 販売業務で新規案件を受けて見積書を提出し、注文を受けることができたら、担当者にとっても企業にとっても取引の実質的な始まりです。この受注に必要な手続きを把握し、販売管理システムでの受注登録や注文請書の作成

2017.07.06

案件登録と見積作成

案件登録と見積作成 「案件引合」がきたら、案件登録をして見積書を作成していきます。販売管理システムを使って見積書を作成すれば、効率的に作成できるだけでなく、販売管理のプロセスでさまざまなメリットが出てきます。たとえば必要

2017.06.27

見積書の見方とポイント

見積書の見方とポイント 販売業務で取引の最初のステップとなる業務は、見積書の作成です。見積書は、取引の条件を示す大切な書類。まずは、見積書を交わす目的や受け取った見積書の見方、受け取った見積書の確認ポイントを理解しておき

2017.06.23

引合と案件管理

引合と案件管理 販売業務は、「案件引合」からスタートします。案件引合で確認しておくべき情報を理解しましょう。販売管理システムを使えば、登録した情報を使って、販売の各段階で案件管理を効率的に行えます。 「案件引合」があった

2017.06.12

販売管理業務とは

販売管理業務とは 商品やサービスを販売し、代金を回収する販売の一連の流れを整理し、販売管理のポイントを掴みましょう。商品やお金の流れを管理し、利益を生み出していくための基本となる知識です。 商品販売の流れ モノとお金の流

2017.06.08

入金方法、銀行口座、支払方法の種類

入金方法、銀行口座、支払方法の種類 法人取引の基本である「掛け取引」では、取引条件によって「締日」や支払が実行される「入金条件」、「入金方法」が異なります。入金方法や締日、入金条件や銀行口座の種類などを理解しておきましょ

2017.05.29

与信限度額の管理

与信限度額の管理 取引先が増え、事業が拡大するのは企業にとって喜ばしいことです。その一方で、代金が回収できないと倒産リスクを招くこととなります。そのような事態を避けるために、信用リスクを管理しましょう。 信用リスクを管理

2017.05.25

取引形態の種類 「掛け」と「締め」

法人取引の種類を整理しておきましょう。信用取引として行う「掛け取引」と、その場で現金を支払う「現金取引」とがあります。「掛け取引」の流れと、「締め」、会計システムでの現金取引の扱いについて解説します。

2017.04.26

一般的な伝票記載のルール

伝票を起票して各種の帳簿を作成することは、会社の状態を正しく記録し、会社の利害関係者に正しい情報を伝える重要な仕事です。伝票記載のルールと、何のためにそうしたルールが運用されているか、理由と注意点を理解しておきましょう。

2017.04.20

四捨五入?販売管理の端数処理

企業の取引で見積もりしたり、請求したりするときに気をつけたいのが、合計金額の1円未満の「端数処理」です。端数処理が異なると、金額が違ってくる場合があるので注意が必要です。取引先に合わせて、正しく処理しなくてはなりません。

2017.04.05

クラウドERPシステム TOPへ戻る
クラウドERPシステム「スマイルワークス」で会計仕訳連動で経理・会計の自動化を実現。クラウドなのでネットからどこでもアクセス、法令改定に自動対応。経費精算・給与明細・源泉徴収票・請求書などの発行をクラウドで自動化。いますぐ無料お試しを!
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com