ビジネスで使うためのクラウド型ファイルサーバ

セキュアフォルダは、
クラウド上の専用ストレージ領域にビジネスで活用する上で必要な高度なセキュリティを確保したビジネスクラウドストレージです。
企業向けファイルサーバとして安全にデータを保管し、
Webブラウザや専用クライアントを利用してどこからでもダウンロードおよびアップロードができるサービスです。
外出先でのデータの閲覧、大容量データの送付、社内でのファイル共有に最適。
安全で効率的なデータ使用環境を整えます。

SecureFolderの特徴

複数拠点とのデータ共有がいつでも可能

複数拠点とのデータ共有がいつでも可能

クラウドサービスなので、他の支店やクライアントといった他拠点同士のデータ共有が設備投資なしで手軽に行えます。
また、端末や場所を選ばずに使用できるので、外出先からデータの閲覧・共有が可能です。

ドラッグ&ドロップの馴染みのある操作感

WEBブラウザからだけでなく、「エクスプローラ」同様の馴染みのある使用感で操作できます。
まるで、PCフォルダのように、ドラッグ&ドロップでデータを取り扱うことができます。

ドラッグ&ドロップの馴染みのある操作感
堅牢なセキュリティ監視体制

堅牢なセキュリティ監視体制

全てのシステムを冗長化し、完全二重化、自動バックアップ、24時間365日監視という高度なセキュリティ対策を実施しています。

  • ファイアーウォール:ネットワークを常時監視してサーバに対するアタック防御を行います。
  • アンチスパム:あらゆるコンテンツレベルの脅威から包括的に保護します。
  • アンチウイルス:あらゆるスパムメッセージを検出、阻止します。
  • ※またIDS/IPSなど本格的な不正侵入検知・防御システムを装備しています。

主な機能

セキュアなデータ送付

セキュアなデータ送付

「WEB公開機能」を使えば、取引先の担当者など特定の相手と安全にデータを共有することができます。公開設定ではパスワード、ダウンロード回数制限、公開期間などが設定可能です。

グループフォルダ権限設定

グループフォルダ権限設定

「グループフォルダ」では、特定のユーザーの編集・読み取り権限を付与できます。また特定のフォルダー内のデータが更新されたら指定のユーザーにメールで更新通知を送信することもできます。

自動アップロード機能

自動アップロード機能

特定のメールアドレスから送られる添付ファイルを自動で特定のフォルダに保存・蓄積することができます。形状的なアップロード作業の短縮につながります。

自動同期機能

自動同期機能

ローカルPCや社内のファイルサーバ上でデータ更新されても事前に設定した方法で常にデータを自動で同期させておくことが可能です。

バックアップ機能

バックアップ機能

保存されたデータを指定のタイミングや方法で別の仮想ディスクに自動バックアップを取ることが可能です。またデータの世代管理やフォルダロックの機能もご利用頂くことができます。

統計データ管理

統計データ管理

アクセスやダウンロード・アップロード・ファイル操作などの各種統計データの管理が可能です。一般ユーザーでもユーザー自身のログがダウンロードできます。

動作環境

SecureFolderをご利用頂ける動作環境は次の通りです。

ブラウザとOSについて .NET FrameWork 2.0が動作する環境
<Internet Explorerの対応状況に関して>
マイクロソフト社からの発表の通り、
2016年1月12日 (米国時間) 以降は、現在ご利用のオペレーティングシステムでサポートされる、最新バージョンのInternet Explorerだけが、技術サポートとセキュリティアップデートを受けられることになります。
より安全にセキュアフォルダをご利用いただくために、お客様環境の速やかなアップデートを推奨致します。

Windows 8.1 Update
Internet Explorer 11

Windows 8
Windows 8.1へアップデートが必要です

Windows 7 ServicePack1 以上
Internet Explorer 11

FireFox・Opera・Safari(Mac OSのみ)・Google Chromeの最新バージョンで動作確認済み
メモリ 512MB以上
ネットワーク TCP/IP
株式会社スマイルワークス
〒101-0064
東京都千代田区猿楽町2-8-16 平田ビル7階