年末調整とは? 概要をわかりやすく解説 クラウドERP

クラウドERPシステム「スマイルワークス」 年末調整とは? 概要をわかりやすく解説

人事担当者にとって年末に控えるビッグイベントといえば、「年末調整」。
1年に一回のことではありますが、給与業務を締めくくる重要な業務です。人事担当者は従業員に質問されてもしっかり説明できるように知識を深めましょう。

業務に関わらない従業員も自身の納税に関わることなので知っておいて損はありません。
年末調整の仕組み・書き方から、効率的に行うための方法まで徹底解説します。

年末調整の準備はできてますか

年末調整とは?どんな目的の制度なの?

年末調整の対象

年末調整は、事業所(会社など)に勤めている人が対象になる手続きで、その人の年間の所得税額を正しく再計算する処理のことを言います。

所得税は、個人が1年間(1月1日~12月31日)に受け取った報酬(所得金額)の合計額に対して納める税金です。
事業所(会社など)に勤めている人も、個人で事業を営んでいる人も、一部の年金受給者の方も所得税を納めています。

所得税は、1月1日~12月31日までに受け取った報酬(所得金額)が決定しないと、その人の年間所得税額を正しく計算できません。そのため、毎年2月16日~3月15日に「確定申告」を行い、前年の所得税額と個人の事情を踏まえて前年の所得税額が決定し、納付する手続きがあります。
所得があった国民全員が「確定申告」を行ったら、役所の手続きが膨大となり、短期間で処理しきれません。
そこで、人を雇って給与・報酬を支払う事業者を「源泉徴収義務者」と位置づけ、雇用している人の所得税の徴収を国に代わって行い、納付する「源泉徴収制度」が採用されています。

年末調整とは

毎月の給与から所得税が引かれているのに、また計算するの?

所得税は年間報酬額と個人の事情を鑑みて、所得税額は計算されますが、事業所(会社など)に勤めている人は1年間の報酬合計がわからなくても、毎月の給与から控除されています。
なぜ、毎月の給与から所得税は控除されているのに、12月になって年末調整で所得税について再計算し直すのか?
それは、毎月の所得税は、概算の税額だからです。毎月これくらい徴収しておけば、年間合計にした時に不足がないだろうという税額になっています。

個人が所得税を納める際には、個人(家庭)の事情を鑑みた軽減措置があります。
例えば、
・当人が障害者であるか
・配偶者はいるのか
・配偶者と死別等しているか
・配偶者は報酬を得ているか
・扶養家族の人数
・扶養家族に障害者がいるか
・民間の生命保険に加入しているか
・住居を購入したか
・医療費をどれくらい使ったか
などがあります(このほかにも所得税を軽減する内容はあります)。

毎月の給与計算時に、各個人に適用される軽減措置を踏まえて所得税を計算していると、事務手続きが煩雑になってしまいます。そのため、国税庁では、一部の条件を基準として、給与・賞与から差し引く月額の所得税額を決めて「源泉徴収税額表」として発表しています。
事業者は「源泉徴収税額表」に基づいて、給与・賞与から所得税を控除しています。

社員がその年の最後に支給される給与(または賞与)の金額が確定する、つまり年間の報酬金額が確定すると、個人が納める年間の所得税額を正しく計算することができます。
年末調整が12月(または翌年1月の上旬)に行われるのはそのためです。

毎月の給与から所得税が引かれているのに、また計算するの?

年末調整をしても確定申告をしなければならな人もいる?

本来、個人の所得税は「確定申告」によって行います。ただし、事業所(会社など)に勤めている人は年末調整を行うことで所得税の納税の精算が済んでいることから、確定申告が免除されています。
ただし、事業所(会社など)に勤めている人でも、次の条件に該当する場合は、確定申告をしなければなりません。

・給与等収入金額が2,000万円を超えている場合
・2ヵ所以上から給与を受け取っている場合
・年末調整をしてくれる先がない場合(その年の途中で退職し、再就職していない)
・医療費控除や雑損控除などを受けたい場合
・配当所得や不動産所得などの副業所得が20万円を超える場合
・住宅ローン控除を初めて受ける場合(2年目以降は年末調整で行えます)
・ふるさと納税の納付先自治体が6ヵ所以上の場合

勤め先が年末調整をしてくれても、年末調整では考慮されていない申告がある場合は、個人であらためて確定申告する必要があります。

年末調整から源泉徴収票作成までをラクに!効率的な方法とは?

年末調整を基に源泉徴収票を自動で作成

従業員から年末調整の書類が提出されたら、人事・労務担当者は記載内容に不備・誤りがないかを確認します。
提出物に問題がないことを確認したら、年末調整の結果として源泉徴収票を税務署と従業員向けに用意する必要があります。

源泉徴収票は年間の収入や控除金額をまとめたものであり、エクセル等で作成することも可能ですが、間違いなく作成するために「スマイルワークス」といった給与計算ソフトを活用することをお勧めします。
クラウドERPシステム「スマイルワークス」の給与計算機能を使用すれば、年末調整の項目に沿ってスマイルワークスに入力するだけで源泉徴収票を自動で作成することができます。
ミスの許されない源泉徴収票の作成を従業員の人数分用意することは、人事・労務担当にとって大きな負担がともなう業務です。専用のシステムを利用して効率的かつ正確に行いましょう。

年末調整とは

源泉徴収票の配布をペーパーレスに

「スマイルワークス」のWEB給与明細ライセンスを使用すれば、各従業員がWEB上で源泉徴収票を見ることができます。
人事・労務担当者は郵送や手渡しなどをすることなく、従業員に確実に源泉徴収票を配布することができるほか、万が一紛失した際などにも再発行する手間が不要になります。


「WEB給与明細ライセンス」詳しくみる

年末調整とは
年末調整機能のお問合せはこちらから。お気軽にお問い合わせください。

年末調整とは? 概要をわかりやすく解説 TOPへ戻る
スマイルワークスは財務会計・販売管理・給与計算を統合的に管理できるクラウドERPシステムです。