クラウド販売管理ソフト「SmileWorks」では、プロジェクト別の収益を一目でスピーディーに把握できます。システム開発業のご利用パターンについてご紹介します。

クラウドERPシステム「スマイルワークス」 システム開発業のご利用パターン

システム開発業イメージ

クラウド販売管理ソフト「SmileWorks」では、プロジェクト別の収益を一目でスピーディーに把握できます。
システム開発業のご利用パターンについてご紹介します。

ご利用フロー

販売業務フロー図

特徴

仕入

仕入から納品まで管理

クラウド管理ソフト「SmileWorks」では仕入管理、販売管理、在庫管理、入出金管理の機能を備えているので、業務の一連の流れを管理することができます。

クラウド

リアルタイムで販売状況や在庫状況を確認

クラウドソフトのため、各人が作業した販売状況や在庫状況がすぐに反映されるので、リアルタイムでの状況把握が可能です。

帳票

各帳票を自動作成、印刷が可能

見積書、注文請書、納品書、領収証、売上伝票、請求明細書など取引先に提出する伝票や帳票を作成、印刷できます。承認後の自動印鑑機能も搭載していますので、社印付きデータの作成も可能です。

法律

法改正にも自動対応

クラウドソフトのため、法改正等の際には追加料金をいただくことなく自動アップデートが行われます。

外出先

外部から別のデバイスで作業もできる

外出先でも、見積りや請求書をつくったり、受注登録、在庫検索などができます。

スマートフォン

スマートフォンからのアクセスが可能

モバイル対応なので、スマートフォンやタブレットからもご利用いただくことができ、スピードを重視される企業様にご好評いただいています。

請求書

自動で請求書を発行、入金の消し込みも(有料)

SMBCファイナンスサービスと連携しており、請求のデータから自動的に請求書を発行・郵送、入金データを自動受信し消し込みをすることができます。

カスタマイズ

一部カスタマイズもお受けいたします(有料)

「社内業務に合わせて、この機能が欲しい」という場合には別途カスタマイズをお受けすることも可能です。
まずはお問い合わせください。

おすすめ機能

案件収支管理

案件ごとの収支管理機能

「SmileWorks」Proプランでは、収支管理機能がございます。どの案件が黒字なのか赤字なのか判断に役立つデータを作成することができます。
プロジェクトにかかる売上・仕入はもちろん、経費・社内工数等も管理・比較できるので、リアルタイムにプロジェクトの状況把握ができます。

Mac対応イメージ

Windows、Mac対応

Mac OS 10.9 Mavericks以上、Microsoft® Windows® 7 / 8.1 / 10の環境に対応しておりますので、OSが異なるパソコンからでも動作が可能です。

詳細や、費用などのお問合せはこちらから。お気軽にお問い合わせください。

クラウドERPシステム「スマイルワークス」とは
スマイルワークス 

とは

プロジェクト別収支管理を主軸として、バックオフィス業務を統合的に効率化させるクラウドERPシステムです。

クラウドERPシステム
導入の流れ

クラウドERPシステム
あんしんサポート

有償プランをご利用のユーザー様はあんしんサポートをご利用いただけます。
スマイルワークスの導入・操作方法についてご相談ください。

メールサポート
メールサポート

操作や仕様に関するご質問などを、実務アドバイザーがメールでお答えします。

電話サポート
電話サポート

専用フリーダイヤルで導入手順や操作方法について実務アドバイザーがお答えします。

導入支援
導入支援

導入時のお悩みごとを解決するための導入支援サービスをご用意しています。

クラウドERPシステム
お客様にあったオプションもご用意

経費精算

WEB経費精算

  • Lite
  • Std
  • Pro

各従業員の経費申請、経理担当者による経費承認、伝票発行まで、簡単に行うことができます。

電話サポート

WEB給与明細

  • Lite
  • Std
  • Pro

各従業員がそれぞれ自分専用のIDとパスワードで、ログインし、出勤・退勤の打刻ができます。

導入支援

複数倉庫

  • Std
  • Pro

拠点別の複数倉庫の在庫管理を行うことができます。

配賦

配賦

  • Pro

部門/プロジェクト別に配賦することで収益を的確に把握することができます。

詳細や、費用などのお問合せはこちらから。お気軽にお問い合わせください。

システム開発業のご利用パターン TOPへ戻る
クラウド販売管理ソフト「SmileWorks」では、プロジェクト別の収益を一目でスピーディーに把握できます。システム開発業のご利用パターンについてご紹介します。