クラウド販売管理ソフトとそのメリット、パッケージ型ソフトとの違いについて説明します。まず、販売管理ソフトについてです。モノを販売して利益を上げるためには、商品やサービスをより良い条件で多く販売し、代金を確実に回収していかなくてはなりません。いくらで売るのか、代金が回収できているのかといった販売に関する情報を把握し、管理するために開発されたのが「販売管理ソフト」です。

クラウドERPシステム「スマイルワークス」 クラウド販売管理ソフトとは

クラウド販売管理ソフトとそのメリット、パッケージ型ソフトとの違いについて説明します。

販売管理ソフトとは

まず、販売管理ソフトについてです。
モノを販売して利益を上げるためには、商品やサービスをより良い条件で多く販売し、代金を確実に回収していかなくてはなりません。
いくらで売るのか、代金が回収できているのかといった販売に関する情報を把握し、管理するために開発されたのが「販売管理ソフト」です。

販売管理ソフトのメリット

Excelなどで管理している場合は、関数を利用して効率化を図っていることもあるでしょうが、入力の作業に時間がかかるため商品や取引先が多くなると管理ができなくなってしまいます。
販売管理ソフトの場合は、必要な機能があらかじめ揃っているため、Excelでの管理に比べて入力作業時間を縮小することができます。
販売の流れに従って必要な情報を入力していければ、モノとお金の両方を管理でき、業務を効率化することができます。また、それぞれに必要な各種の伝票をスピーディーに出力できることもできるため1枚1枚別のツールで伝票を作成する手間も省けます。

「クラウド」販売管理ソフトと「パッケージ型」販売管理ソフト

販売管理ソフトの導入形態には、大きく分けると「パッケージ型」と「クラウド型」の2つがあります。

パッケージ型

特徴

購入した販売管理ソフトをパソコンにインストールして利用する形態です。
法令改正や機能追加による、製品のバージョンアップ版が出た場合は、新バージョンの製品を新たに購入する必要があります。
また、当然ですがソフトをインストールしているパソコンでしか使えません。

支払い方法

ソフトの購入代金を支払うので基本的に1回で完結します。
ただ、バージョンアップ版を購入するごとにまとまった金額の用意が必要です。

クラウド型

特徴

クラウド型の場合は、パソコン1台1台に販売管理ソフトをインストールするのではなく、インターネットを利用してソフトにアクセスする形です。
つまり、アカウントとインターネットにつながる環境があれば特定のパソコンでなくともソフトにアクセスすることができます。(裏を返せば、インターネット環境がないとアクセスができないということでもあります。)
また、運営側でメンテナンスやバージョンアップをするため、新しくソフトを購入する必要がありません。

支払い方法

クラウド型の場合は、月額(や年額)の形となります。

詳細や、費用などのお問合せはこちらから。お気軽にお問い合わせください。

クラウドERPシステム「スマイルワークス」とは
スマイルワークス 

とは

プロジェクト別収支管理を主軸として、バックオフィス業務を統合的に効率化させるクラウドERPシステムです。

クラウドERPシステム
導入の流れ

クラウドERPシステム
あんしんサポート

メールサポート

メールサポート

操作や仕様に関するご質問などを、実務アドバイザーがメールでお答えします。

電話サポート

電話サポート

専用フリーダイヤルで導入手順や操作方法について実務アドバイザーがお答えします。

導入支援

導入支援

導入時のお悩みごとを解決するための導入支援サービスをご用意しています。

クラウドERPシステム
お客様にあったオプションもご用意

経費精算

WEB経費精算

  • Lite
  • Std
  • Pro

各従業員の経費申請、経理担当者による経費承認、伝票発行まで、簡単に行うことができます。

電話サポート

WEB給与明細

  • Lite
  • Std
  • Pro

各従業員がそれぞれ自分専用のIDとパスワードで、ログインし、出勤・退勤の打刻ができます。

導入支援

複数倉庫

  • Std
  • Pro

拠点別の複数倉庫の在庫管理を行うことができます。

配賦

配賦

  • Pro

部門/プロジェクト別に配賦することで収益を的確に把握することができます。

詳細や、費用などのお問合せはこちらから。お気軽にお問い合わせください。

クラウド販売管理ソフトとは TOPへ戻る
クラウド販売管理ソフトとそのメリット、パッケージ型ソフトとの違いについて説明します。まず、販売管理ソフトについてです。モノを販売して利益を上げるためには、商品やサービスをより良い条件で多く販売し、代金を確実に回収していかなくてはなりません。いくらで売るのか、代金が回収できているのかといった販売に関する情報を把握し、管理するために開発されたのが「販売管理ソフト」です。