中小企業信用リスク情報データベースに蓄積されている、300万社以上・約2000万件の中小企業の財務データを用いた診断が可能です。金融機関の融資審査と同じ指標を用いて、自社の決算データを分析することで、どのようにみられているかが分かります。

クラウドERPシステム「スマイルワークス」 「経営診断」機能の概要

「経営診断」機能の概要

「経営診断」機能とは?

クラウドERP「SmileWorks」の「経営診断」機能は、会計ワークスに登録された仕訳データから必要な値を、独立行政法人中小企業基盤整備機構(以下、中小機構)が運営している「経営自己診断システム(https://k-sindan.smrj.go.jp/)」に連携して入力補助し、診断結果が確認できるようにしています。

経営診断機能

経営自己診断システムとは

中小企業信用リスク情報データベースに蓄積されている、200万社以上の中小企業(うち7割は、年商3億円以下の比較的小規模な企業)の財務データと自社を比較できる、中小企業のための経営分析ツールです。
「収益性」「効率性」「生産性」「安全性」「成長性」の5つの項目の結果や「総合分析結果」、「倒産リスク分析」をグラフと表で見ることができます。
このデータベースは、中小企業の借入に多く使われる信用保証協会の保証融資の審査を始め、多くの金融機関に融資審査の際の分析指標として採用されています。本システムで自社の決算データを分析することで、客観的な視点として参考になるものです。
同業種の中での自社の位置付けがどの程度なのかなどが把握でき、経営者にとって非常に実務的な分析をすることができます。
※「経営自己診断システム」は中小機構が無料で提供するサービスです。

中小機構とは?

国の中小企業政策の中核的な実施機関として、起業・創業期から成長期、成熟期に至るまで、企業の成長ステージに合わせた幅広い支援メニューを提供しています。
地域の自治体や支援機関、国内外の他の政府系機関と連携しながら中小企業の成長をサポートしています。
◆独立行政法人 中小企業基盤整備機構 https://www.smrj.go.jp/

経営診断機能

クラウドERPシステム「スマイルワークス」とは
スマイルワークス 

とは

プロジェクト別収支管理を主軸として、バックオフィス業務を統合的に効率化させるクラウドERPシステムです。

クラウドERPシステム
導入の流れ

詳細や、費用などのお問合せはこちらから。お気軽にお問い合わせください。

「経営診断」機能の概要 TOPへ戻る
中小企業信用リスク情報データベースに蓄積されている、300万社以上・約2000万件の中小企業の財務データを用いた診断が可能です。金融機関の融資審査と同じ指標を用いて、自社の決算データを分析することで、どのようにみられているかが分かります。
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com