新元号【令和】に自動バージョンアップ対応! ~「令和元年特別キャンペーン」を実施~ | クラウドERPシステム スマイルワークス

クラウドERPシステム「スマイルワークス」 新元号【令和】に自動バージョンアップ対応! ~「令和元年特別キャンペーン」を実施~

株式会社スマイルワークス(東京都千代田区、代表取締役:坂本 恒之、以下 スマイルワークス)は、当社が提供するクラウドERP(統合業務システム)「SmileWorks」の『新元号【令和】対応版』をリリースしました。


新元号「令和」時代のスタートを祝して「令和元年特別キャンペーン」を実施します。

クラウドERP「SmileWorks」のLite/Std/Proの各グレードにおいて初期費用を全て無償とさせていただきます。詳細は下記URLをご参照ください。
令和元年特別キャンペーン特設ページ

『クラウドERP「SmileWorks」』について

スマイルワークスは、クラウドERP「SmileWorks」を通じて中小企業の生産性向上を支援しているベンチャー企業です。
クラウドERP「SmileWorks」は、販売・仕入・在庫管理、給与・賞与計算・年末調整・マイナンバー管理、経費精算や財務会計など、企業のバックオフィスを全て統合して、自動会計仕訳や資金繰り表の自動作成を実現するクラウドサービスです。プロジェクト別収支管理や配賦機能などより高度な運用管理も可能です。従来のパッケージソフトを組み合わせて業務を行うよりも、3倍~10倍の生産性を実現しています。



『クラウドERP「SmileWorks」』の特徴

クラウドERP「SmileWorks」は、法令改正を伴うバージョンアップにも無償で自動対応しますので、お手続き等は不要で安心してご利用いただけます。
また今後、企業間電子商取引機能(商流EDI)(※1)や金融機関連携機能(金融EDI)(※2)も順次ご提供予定ですので、「注文書」「納品書」「請求書」などを電子的に送信できるほか、クラウドERPのメニューからオンラインバンキングを介さずに直接「買掛金や給与支払などの振込予約」ができるようになります。
また当社は「電子決済代行業」として金融庁に登録されておりますので、金融機関と直接データ連携を行って「入金消込の自動化」や「自動会計仕訳連動」「自動資金繰り管理」を行うことも可能になります。


(※1)商流EDI(企業間電子商取引)とは:
見積・受発注・納品・検収・請求など(商流)を、取引先と紙やFAXではなく電子データで行う仕組み。
(※2)金融EDI(金融機関連携)とは:
金融連携APIを活用して入出金データの自動取込や支払送金、入金消込などを全て電子的に行う仕組み。

スマイルワークスは今後もクラウドERP「SmileWorks」サービスの更なる充実を図り、企業のバックオフィス業務効率化と生産性向上を支援してまいります。


製品に関するお問い合わせ

製品に関する詳細やデモ・説明などを希望される方は、下記までお気軽にお問い合わせください。
【SmileWorks事務局 問い合わせ・相談窓口】
E-mail: entry@smile-works.co.jp

本プレスリリースについてのお問い合わせ

株式会社スマイルワークス 事業開発部 工藤
E-mail: info@smile-works.co.jp

最新のプレスリリース

2019.4.25

株式会社スマイルワークス(東京都千代田区、代表取締役:坂本 恒之、以下 スマイルワークス)は、当社が提供するク

2019.4.3

中小企業庁の”企業間電子商取引+金融機関連携”実証検証に成功 ~生産性3倍(約67.2%削減)の効果を実現!~

2019.2.6

株式会社スマイルワークス(東京都千代田区、代表取締役:坂本 恒之、以下 スマイルワークス)は、2019年1月1

2018.12.25

【日本IBM×スマイルワークス】 会計データ・オン・クラウドプラットフォームの普及推進で基本合意 銀行向け会計

2018.11.27

株式会社スマイルワークス(東京都千代田区、代表取締役:坂本 恒之、以下 スマイルワークス)は、経済産業省の「情


新元号【令和】に自動バージョンアップ対応! ~「令和元年特別キャンペーン」を実施~ TOPへ戻る
スマイルワークスは財務会計・販売管理・給与計算を統合的に管理できるクラウドERPシステムです。