クラウドERPシステム「スマイルワークス」の導入事例 株式会社魚金 給与計算ソフト(WEB給与明細)

クラウドERPシステム「スマイルワークス」 株式会社魚金の給与計算ソフトの導入事例

ビストロ魚金 横長

1000名規模の給与管理をクラウドで効率的に実現

設立 1994年6月10日
本社所在地 東京都港区新橋3-5-10 新三ビル1階
従業員数 900名
業務内容 飲食店経営

株式会社魚金

>http://www.uokingroup.jp/

株式会社魚金は1994年に設立し、翌年新橋に1号店の居酒屋をオープンしました。料理はすべて手作り・出来たて。毎日朝早くから築地市場に仕入れに通い、新鮮で美味しいものをリーズナブルに提供し続けています。セントラルキッチンを持たず、各店舗の板前・コックが調理することで、他店では真似ができないの豪華な料理を提供しどの店舗でも予約が困難な状況です。

プロフィール魚金

株式会社魚金

店舗数は都内で40店舗を超え、2017年1月現在も店舗拡大を進めています。事業を拡大させていく中でのシステム導入の背景や効果について、専務 権代さま・村田さまにお話を伺いました。(以下、敬称略)

課題

  • 従業員増加にともない、推奨人数を大きく超えていた既存ソフトの刷新が必要になった
  • 勤怠管理、給与明細の印刷・配布、マイナンバー管理など、従業員の業務過多、セキュリティリスクを懸念

解決

  • 勤怠管理ソフトと連携をすることで、各店長の勤怠集計時間の大幅な削減
  • WEB給与明細によって、必要に応じて給与明細を出力し、印刷・封入の手間を削減
  • マイナンバーと勤怠を安全、安心に管理
2014年からクラウドERPシステム「スマイルワークス」をご利用中。どのような経緯で導入されたのですか?

権代: 2014年頃に店舗数が30店舗を超え、従業員人数も300人を超える規模になっていました。
当時利用していた給与計算ソフトに不満はなかったのですが、推奨人数を大きく超える運用となってしまったため、中規模事業者に対応したソフトを検討することになりました。
スマイルワークスの導入に至ったポイントは、サポートの方の丁寧な対応と大手ベンダーと比較して価格の安さが決め手になりました。また、クラウドソフトのため複数人での操作も可能なことも大きかったですね。
正直、価格が安いのでまず導入してみて、運用に問題があるようだったら他の大手ソフトに乗り換えるつもりだったのですが、大きな障害もなく現在も利用させて頂いています。

株式会社魚金 社員01
2016年は、勤怠管理ソフトとスマイルワークスの連携や、マイナンバー・WEB給与明細の導入と大きく動いた年でしたが、どのような背景がありましたか?

権代:  元々、勤怠の集計は、各店舗の店長が行っていました。店舗の人数によりますが、集計に5時間要していた店舗もあります。それが今では日次の確認だけで済んでいますから、会社全体としてみると大幅に業務改善されました。また、スマイルワークスが勤怠管理ソフトと連携したことで、集計データの入力も大幅に改善されました。
給与明細に関しては、すべての従業員が必ずしも見ているかどうか疑問に思いつつも、明細を出さないわけにはいかないので、明細の印刷・配布業務に対して課題の認識がありました。
WEB給与明細を導入したことで、給与明細の印刷・封入の手間がかからず、紙での明細を必要としている人にのみ発行を行っているので、健全な状態になったと認識しています。
給与明細をWEBから確認することに従業員から大きな不満の声はないので、今の時代に適した運用になっていると思います。
給与ソフト単体のみならず、勤怠管理・マイナンバーなどトータルでの連携、業務改善が出来ていることに非常に満足しています。

株式会社魚金 社員02

対応は早く、手順も細かいサポート体制

サポートの対応などはいかがですか?

村田: 私自身、別の部署から異動してきた経緯もあり、電話をかけてすぐに回答が貰えることが非常に助かっています。特に今回は初めての年末調整だったんですが、手順など細かくサポートして下さり、とても心強かったです。
電話をしてすぐに回答を頂けないときでも、折り返しの対応も早いので、安心して別の作業に取り掛かることが出来ています。

今後スマイルワークスに期待することはありますか?

村田: 帳票類を自分でカスタマイズしてできる様になるなど、手軽に出力できるようになると、弊社内でデータを活用・分析できるようになるのでうれしいですね。今後のアップデートに期待しています。


株式会社魚金の給与計算ソフトの導入事例 TOPへ戻る
クラウドERPシステム「スマイルワークス」の導入事例 株式会社魚金 給与計算ソフト(WEB給与明細)