クラウドERP・統合業務システムのオンラインマニュアルです。給与適用開始日とは

クラウドERPシステム「スマイルワークス」 1-2 給与適用開始日とは

給与適用開始日とは

「給与適用開始日」とは、入力情報(変更情報)が給与計算等において適用される日にちを新たに設定するものです。

給与計算の基礎となる情報に変更(社員の昇降給、正社員登用、通勤費の変更、社会保険の等級変更、扶養情報の変更、給与振込口座の変更や、社会保険料率の改定など)が生じた場合に、従前の登録情報を保持したまま新たな情報を登録することができ、登録情報の世代管理を行うことができます。(旧給与ワークスでは、上記のような登録情報の世代管理を行うことができず、常に最新の情報に上書きする仕様となっておりました。)

なお、各社員の登録情報や社会保険の料率などに変更があっても、「給与適用開始日」を新たに設けないことも可能です。ただしその場合は、従前の登録情報が変更情報で上書きされ、世代管理を行えなくなりますのでご注意ください。

例えば下記のように、扶養、住所、基本給などの情報に変化があっても、それぞれの設定を履歴で管理することができるようになりました。そのため、例えば7/25時点で何らかの理由により、過去月の給与計算を行う必要が生じても、過去の支給日時点の設定を参照し、給与計算を行うことが出来ます。

例)
4/25支給…被扶養者:なし、居住:横須賀市、基本給:300,000円
5/25支給…被扶養者:なし、居住:世田谷区、基本給:300,000円
6/25支給…被扶養者:あり、居住:世田谷区、基本給:300,000円
7/25支給…被扶養者:あり、居住:世田谷区、基本給:310,000円

給与適用開始日とは

給与適用開始日に登録すべき日付について~全体設定の場合~

給与基本情報、社会保険(全体)、平均労働時間  ⇒「適用する給与の支給日」を 給与適用開始日 とすることをおすすめします。

給与基本情報、社会保険(全体)、平均労働時間の各登録内容にさらに変更が生じる場合は、「その変更を適用する最初の給与の支給日」で新しく 給与適用開始日 を登録します。

給与適用開始日に登録すべき日付

給与適用開始日に登録すべき日付について~社員給与設定の場合~

社員給与設定にて登録すべき給与適用開始日は、各項目ごとに異なります。

社員給与(基本情報)、社員給与(控除設定)
「その社員の社員情報(控除情報)が実際に変更になった日付」を 給与適用開始日 とすることをおすすめします。

社員給与(給与設定)、社員給与(非課税等)、社員給与(社会保険)
「その変更を適用する最初の給与の支給日」を 給与適用開始日 とすることをおすすめします。

社員給与の内容でさらに変更が生じる場合は、それぞれ新しい 給与適用開始日を登録します。

給与適用開始日に登録すべき日付について ~社員給与設定の場合~

1-2 給与適用開始日とは TOPへ戻る
クラウドERP・統合業務システムのオンラインマニュアルです。給与適用開始日とは