お知らせ2014.01.16

クラウド型統合業務システム「ClearWorks」は新消費税率(8%)対応いたしました

クラウド型統合業務システム「ClearWorks
新消費税対応に加えて複数の新機能を発表!

~ 一般事業に加えて農業・不動産向けの青色申告・電子申告機能を搭載! ~

2014年1月16日、クラウド型統合業務システムサービス「ClearWorks」の新消費税対応(5%→8%)版をリリースしました。加えて今回のバージョンアップと同時に、クラウドを活用した業務システムの活用シーンを大幅に広げる複数の機能追加が搭載されました。

【新消費税対応(5%→8%)】
会計ワークス、販売ワークスの各伝票の起票において、基本的には売上・仕入の登録年月日から新旧の消費税率を自動的に判断して処理する機能を持つようにいたしました。また、例外的な起票を行う可能性に対応するため、詳細設定項目から手動で変更することも可能となっています。
また今回のバージョンアップでは、同時に「未来日の商品単価登録機能」によって、新消費税対応だけでなく今後の運用によって商品単価の見直しを行いたい場合などに、指定した未来日以降の商品単価の登録(CSVインポート含む)を可能にしました。

【新消費税対応以外に、今回追加した主な機能等】

<会計ワークス>
■個人事業主向け青色申告の業種対応
個人事業主の「一般事業」対応に加えて「農業」「不動産業」などの業種に対応しました。これにより「農業科目」「不動産科目」の追加が可能となり、事業種別毎の試算表や申告書を自動的に作成することができるようになりました。

■建設業対応(工事台帳など)
会計基本情報の建設業科目を「あり」に設定することにより、工事台帳作成や未成工事から完成工事への自動振替、完成工事原価報告書の作成が可能となりました。

■プロジェクト別試算表対応
会計基本情報よりプロジェクトを有効にして、仕訳入力時にプロジェクト名を登録することによりプロジェクト別試算表が出力可能となりました。これにより案件やプロジェクト毎の収支管理を行いやすくなりました。

<販売ワークス>
■継続取引の売上計上管理機能
毎月定常の売上がある場合などに「継続契約」として設定することで、毎月の売上計上を非常に簡単に管理できるようになりました。
継続売上の「契約期間」「計上サイクル」「解約期限」などの設定に加えて、その売上に対する「キックバック設定」により、その売上に紐付く「仕入先に対するキックバック/支払も自動処理」することも可能にしました。キックバックは売上に対する「率」または「金額」で指定することができます。

■請求書とりまとめ機能(都度請求先のみ)
納品先と請求先が異なる場合に親(得意先グループ)を設定し、子(納品先)と紐付けることにより、売上時は納品先に計上し、請求時には複数の納品先の売上を親の請求先へ取りまとめることが可能となりました。

その他、最新バージョンの機能詳細につきましてはClearWorksサービスサイトのお知らせ(下記URL)をご参照ください。

■ClearWorks(クリアワークス)
http://www.clear-works.jp/
平成26年1月16日バージョンアップのお知らせ http://www.clear-works.jp/news/140116.html

株式会社スマイルワークス
〒101-0064
東京都千代田区猿楽町2-8-16 平田ビル7階